スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

引っ越し準備

こんにちはBチーム設計skyです。

全くブログ更新をしなかった夏休みも残すところあと二日となりました。
明日は年に2回の一大イベント「部室の引っ越し」が行われます。ということで現在の夏部室での活動は今日が最後でした。

せっかくなので我ら岐阜ロボ研の活動場所について紹介しようと思います。

////活動場所① 「ロボット研究会製作所」////
 我ら岐阜ロボ研が誇るメイン部室です。(下写真の建物の左半分)
 A、B両チームが場所を共有し、大半の製作活動はこの部室で行うことになります。
    
20140419183833a25.jpg
  
 部室内には加工エリアと電気エリアが設けてあり、その他のスペースでマシン組み立てが行われています。

 この部室において以下に示す事項は禁止されている、あるいは推奨されていません。

・安全管理上不適切な身なりで部室に立ち入ること。(半ズボン、サンダルなど)
・夏場に部室で長時間過ごすこと。特に一人で部室に立ち入ること。(暑いから)
・一度に全部員を部室に収容しようとすること。(たぶん全員入れない)

////活動場所② 「夏部室」////
 夏季限定で図書館センター1階に突如出現する部室です。
 メイン部室からすべての物品を運び込むため、製作場所としての機能はメイン部室と比較しても引けを取りません。
 空調設備が整っており非常に快適である。実はメイン部室よりも広いという点にも注目です。

////活動場所③ 「実習工場」////
 部室において岐阜ロボ研が誇るプロフェッショナル集団「加工部」が製作する部品は常に高精度、高品位ですが、
 より精度の求められる部品を製作するときには実習工場の旋盤やフライス盤を用います。
 実習工場での活動時間は限られているため計画的な部品の製作が重要です。

////活動場所④ 「文化長屋の一室」////
 近年新しく設けられたサブ部室です。
 広くはないが、風通しがよく夏場でも過ごしやすいです。
 ただし、出入口が非常に小さいため組み立ての進んだマシンを出し入れすることはできません。
 また、安全管理の観点からこの部屋には工作機械は配置されていません。
 つまりこの部屋での活動はPCを用いた作業に限られます。
 しかし、メイン部室には全部員を収容できないためこの部屋は非常にありがたい存在です。

活動場所は以上です。
それではこのへんで
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

ロボ研B

Author:ロボ研B
「アイデア対決・全国高等専門学校ロボットコンテスト2015」出場に向け日々活動中!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
FC2カウンター
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。